イボを無くす

メイク道具

顔にてんてんが増えてきたら

一般に老人性イボと呼ばれるものは、脂漏性角化症または老人性疣贅と言われている皮膚の良性腫瘍の一つです。このイボは老化によってできるものであると言われており、早い人だと三十代から発症する人もいるようです。 老人性イボは、顔を始め全身どこにでもできます。表面がざらざらしたできもので、初めは1ミリ程度の小さなものですが、放置しておくと少しずつ大きくなります。特に、紫外線のあたる顔にできやすく、色は肌色から茶色、黒で、平らなものや盛り上がっているものなど色々です。かゆみを感じるものもあります。 原因は、紫外線の影響によるものです。加齢によってお肌の新陳代謝が衰えたり長年紫外線を浴び続けることで、排除しきれないメラニンが少しずつ残っていき、老人性イボとなります。紫外線によってできたシミが変化して老人性イボになるケースも多く見られます。

老人性イボは早めの処置で安心

老人性イボは、年々、少しずつ大きくなり、数も増えていきます。ミリ単位の小さなものは、電気焼灼で簡単に治療できます。冷凍療法やレーザー治療を用いることもあります。 それ以上大きくなると、手術が必要になります。 しかし老人性イボと思っていても、皮膚がんであることがあります。がんの前の状態である日光角化症(老人性角化症)とは区別しにくいので注意が必要です。電気焼灼や冷凍療法、レーザー治療では組織検査ができませんので、癌の心配がある時には切除して、組織の検査をしてもらうとよいでしょう。治療は、皮膚良性腫瘍摘出術といい保険適用になります。 小さいうちにとってもらえば、難しいものではなく、費用も安く済みますので、できやすい人は早めに処置をするとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加